【DIE WITH ZERO】を読んで今よりも大胆かつ前向きに生きよう!

f:id:myroom1203:20210223204238j:plain

 

 

 今回紹介する本とオススメ読者

「DIE WITH ZERO」をご紹介します。

 

 

この本は、

 

・やりたいことがあるけれど、
 現状からなかなか一歩踏み出せていない人
・目的なくただただお金を貯めている人
・人生を充実させたいと考えている人

にぜひ読んでほしい内容です。 



DIE WITH ZEROってどういうこと?

「生きているうちに、経験に金を使い切ること」、

つまり「ゼロで死ぬ」ということであり、

本のタイトルにもなっているように、

筆者が一貫して訴えることです。

 

シンプルかつ大胆なメッセージですよね。

 

「今しかできないことに金を使う」=

「『経験を最大化する』こと」の重要性が説かれています。

 

「自分が何をすれば、

幸せにつながるかを知り、

その経験に惜しまずお金を使え」

「富の最大化ではなく、

人生の喜びを最大化するための方法を探すこと」

 

という筆者の言葉は本当に大切だと思います。

 

何より経験は、「記憶(思い出)の配当」を、

私たちに与えてくれます。

 

私も新婚旅行の写真を時々見返しますが、

その時の思い出はいつになっても色褪せません。

 

私たち夫婦が好きな旅行も、

今しかできないことの1つだと思っています。

現に新型コロナ以前は、

旅行に行けないとは思ってもみませんでした・・・

行けるときに行っておかねば

 

この本を読んで考えたこと

「経験には旬がある」ということです。

 

20代には20代の、30代には30代の、60代には60代の、

各年代で「できること」や「したいこと」が変わってくるはずです。

 

ただ、どの年代でも共通しているのは、

「健康でなければ楽しめない」ということです。

 

健康を維持、増進して、いつまでも前向きに、

貪欲に経験していきたいものです。

(わが家では、ハイキングやウォーキングをしています)

 

また、経験するためのお金を捻出するためにも、

日頃から節約や固定費見直しを徹底して、

今しかできない経験に投資していきたいと、

考えを再認識することができました。

 

皆さんもぜひお試しください。